白ニキビ 有効成分

白ニキビができてしまったから早速ケアをしたい!でも白ニキビには何が効くのかわからない…そんな方も多いかと思います。


今回は白ニキビの『有効成分』についてお話をしてみようと思います。


白ニキビの有効成分

まずは「イソフラボン」。こちらは聞いたことのある方も多いかと思います。


白ニキビの原因のホルモンバランスの乱れに有効と言われています。イソフラボンには女性ホルモンを優位にさせてくれる働きがあります。


ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが優位になると毛穴が角栓によって詰まりやすくなってしまいます。


男性ホルモンには皮脂を過剰分泌させてしまう作用もあるために白ニキビを悪化させるだけでなくアクネ菌を増殖させてしまいます。


そういった原因を改善するためにイソフラボンが知られるようになりました。



次に「ビタミンC誘導体」ですが、こちらもご存知の方も多いかもしれませんね。


美白作用や抗酸化作用などを持っていて美肌のための成分の代表としても知られているのがビタミンCです。


ビタミンCは非常に不安定な成分なのでそのままの形で化粧品に添加しても効果はあまり期待できないそうです。


ビタミンCの有効性を最大限に活用するために生み出されたビタミンC誘導体が白ニキビには有効になってきます。



次に「パントテン酸」ですがこちらはビタミンBの一種です。パントテン酸にはお肌のターンオーバーに関連する成分と言われています。


パントテン酸は白ニキビ予防やニキビ跡にも有効と言われています。


そして「ビタミンE」ですがこちらはトコフェロールとも呼ばれていて脂質の酸化を抑える作用のある成分です。


そして「フラーレン」ですが大人の白ニキビはお肌のバリア機能の低下によって発生することがあります。


お肌のバリア機能が低下すると角質層の乾燥が促進されてしまい、角栓が発生しやすくなります。


角質内の保湿成分を回復させてくれ、さらにお肌のバリア機能を高めることの手助けをしくれるフラーレンが白ニキビだけでなくニキビのケアの主要成分として知られています。


また、ニキビの原因菌となるアクネ菌を殺菌する成分として、ニキビケア化粧品に用いられている「イソプロピルメチルフェノール」という成分もあります。


また「グリチルリチン酸」は甘草由来の抗炎症成分です。グリチルリチン酸が漢方成分としても用いられていたり、外国では甘味料として使われているそうですよ。


あと「サリチル酸」もありますが、こちらはピーリング効果があるので角質溶解剤として広く使われている成分です。


ざっと今回は有効成分だけあげていきましたが、白ニキビのケアには有効成分の正しい知識を得ることが大切です。


これらの成分が配合されている化粧品やサプリメントを取り入れること自体は良いことですがご自身に足りない、または何が一番有効なのかを知ることが重要だと思います。また、副作用等も把握する必要があります。


白ニキビに関しては正しいスキンケアと正しい生活習慣できれいに治すことが可能ですので是非参考にして頂ければ幸いです★

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ