白ニキビ 殺菌

ニキビ=アクネ菌=殺菌すれば治るとお思いの方はいらっしゃいませんか?


また、CMでもニキビを改善するために殺菌をおすすめする内容のものをやっていますが、全てのニキビに殺菌は有効なのでしょうか?


では、今回は白ニキビと『殺菌』についてお話しようと思います。


殺菌ケアが効果的なニキビ

殺菌ケアが効果的なのは、「炎症をともなった赤ニキビや黄色ニキビの炎症を抑えることに対しては有効」です。


例えば、赤ニキビは毛穴内で炎症が起こっている状態です。


毛穴の中に皮脂や古い角質が溜まってしまったことで毛穴が詰まってしまって、皮脂が好物のアクネ菌が大量に繁殖してしまって、お肌自体がアクネ菌を減らすために戦っているために炎症を起こしています。


ですのでアクネ菌を殺菌して減らせばこの戦いは終わりますから、殺菌ケアは効果的になってくるのです。


殺菌ケアは、炎症の起きている赤ニキビに対して使うことはおすすめします。


しかし炎症を起こしていない白ニキビには殺菌ケアはおすすめしません。


ニキビの殺菌をしすぎると
肌には無数に「常在菌」というのがいます。もちろん、アクネ菌もその常在菌の一つです。


殺菌ケアをしすぎるとその常在菌の数が減りすぎてしまいます。


常在菌の中にはお肌にとって必要な菌もいますし、適量な量なら存在したほうがよく、いなくなると雑菌が繁殖しやすくなり、結果ニキビができやすくなってしまいます。


常在菌の中でお肌に必要な菌は、毛穴の中に詰まった物を食べてくれたり、お肌の健康を保つ上で重要な役割を果たしている物もいるのです。


常在菌を減らしすぎることはあまり良いとはいえませんね。


また、殺菌ケア用の洗顔料はつっぱり感がすごく、とても乾燥してしまいます。


白ニキビには保湿ケアを
炎症している部位には殺菌ケアをしてあげることは必要ですが、白ニキビにはやはり「保湿ケア」が大切です。


保湿ケアをしっかりしていれば、肌のバリア機能もしっかり働き、刺激物質を跳ね返してくれます。


また、皮脂の過剰分泌も抑えられるのでお肌のターンオーバーが正常になり、毛穴が詰まりにくくなるので、白ニキビが自体ができにくいお肌になっていきます。


白ニキビ改善の本当の目的は健康で美しいお肌を目指すこと。


そしてこの健康で美しいお肌とは白ニキビなんてできない、キメも整っているようなツルツルのお肌ですよね。


この健康なお肌にするためには、日々保湿をしっかりすることが大切だと思います。


化粧水や乳液での保湿はもちろん大切ですが、洗顔料でも刺激が少なくて保湿を大切にした商品を選ぶことはとても大切になりますね。


汚れの落ちがいい洗顔料は落としすぎていることがあって、化粧水や乳液での保湿ケアをしても保湿が足りないようになってしまうということもあるのです。


ですから、洗顔料でも保湿が考えられているもので、なおかつ適度に汚れを落としてくれるもの、そして刺激が強すぎない物を選びましょう。


スキンケアは、毎日行うものなので白ニキビには殺菌ではなく、ぜひ保湿ケアをしっかりしてあげましょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ