白ニキビ 水を飲む

皆さまは、1日2リットル程度の水を飲むのが良いということは聞いたことはありますか?


多くの美容家も率先して実施しているという、この『水を飲む』ということと白ニキビについてのお話をします。


水を飲むことは白ニキビにも有効

水を飲むことは実は美容だけでなく、白ニキビに対しても有効と言えます。


水を飲むだけで白ニキビが治るということではないですが、水分を十分にとるということで白ニキビの予防につながりますよ。


水を飲むことのメリットは、代謝が上がって老廃物が排出されやすくなるということです。


代謝を上げることはお肌のターンオーバーの促進につながりますし、食べ物の消化の速度も早くなるので便秘も解消されてお肌にとっては良いことばかりです。


ただ、一度に2リットル一気に水を飲めば良いわけではなくて、飲むタイミングも重要となります。



水を飲むタイミング
目が覚めてすぐと朝食、昼食、夕食時、入浴した後に飲むようにしていただきたいです。


特に朝起きたときに飲むのは効果が高いと言われています。起床時は夏でなくても約200~300mlの汗をかいているそうです。ですから寝起きは身体が最も乾燥しています。


そしてお腹がすいている時に水を飲むことは、大腸がクレンジングされて血液中の毒素も流してくれるので、お肌のトーンアップにもつながりますよ。


水分を1回に摂取する量に関してはコップ1杯分くらいの量が最も身体に最適に吸収されると言われているそうです。


なので一気に2リットルの水を飲むよりコップ1杯の水を8回程度に分けて飲むのが良いと思います。そもそも一気に2リットルの水を飲むのは大変ですよね…


また、水を飲む量は人それぞれ個人差があったり、気温などによって違います。


1日2リットル程度、1回にコップ一杯くらい水を飲むのがいいですが、夏場や普段から汗をかきやすい人はその度に適切な水分の補給が必要です。


また普段あまり身体を動かすことのない人が、いきなりたくさんの水を飲むと逆に胃を弱めることがあります。


水を飲むことだけに限らずですが、取り過ぎには注意しましょうね。


水を飲むことは白ニキビ予防には有効になりますので、上手に摂取して美肌を目指しましょうね。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ