白ニキビ 潰す 痛い

白ニキビができてしまったら気になってしまってどうしても潰したくなりますよね。

私も何度もだめだと分かっていながら潰してしまった経験があります。



白ニキビを潰すのは私の経験上おすすめしません。

上手に潰すことができればいいですが、ほとんどの場合上手に潰すことはできませんですね。

さて、白ニキビを潰す時に痛いと感じたり潰した後痛いと感じたかたはいらっしゃいませんか?

今回は、白ニキビを潰すと痛いとか潰した後痛いなど『潰す・痛い』についてお話をしようと思います。



力をかけすぎて潰すと。当然痛いです。
まず潰す時に痛い原因としては、「力をかけすぎている」ということが考えられますし、角栓を押し出そうと力を入れすぎると毛穴まで押しつぶしてしまい、当然痛いです。

また、白ニキビだと思っていたニキビが黄色ニキビだった場合、炎症を起こしているので痛いと思います。



毛穴を傷つけてしまう事で痛みが・・・
次に白ニキビを潰した後痛い原因としては先にお話をしたとおり、「力の入れすぎで毛穴を傷つけてしまって痛くなってしまう」事と、そのように上手に潰せなかったことによって、炎症を起こして痛くなってしまっていることが考えられると思います。

また、白ニキビではなく黄色ニキビだと元々炎症を起こしてしまっているニキビですから潰した後は痛いと思います。



肌にダメージが残ってしまうという事は・・・

そもそも『痛い』ということはお肌にダメージを与えてしまっています。


想像してみてください。

痛い時というのは例えば怪我をした時に傷口が痛むとか頭が痛いとかお腹が痛いとか・・・

身体に何らかの異常があって、そのために痛いわけですよね。


ですから、白ニキビを潰して痛いとか潰した後痛い時点でお肌にダメージを与えてしまっているので白ニキビは悪化してしまう可能性が出てきてしまいます。

もし、それが白ニキビではなくて、黄色ニキビだった場合は、悪化してしまうかもしれません。



ここまで上手に潰すことは難しいので、潰すことはおすすめしませんとお話しました。

潰すと痛いということは、上手に潰せていないということです。


白ニキビは、正しいスキンケアできれいに治ると思うので、潰したい気持ちはとても分かりますが、私はやめた方が良いと思っていますし、潰してしまっても私の経験上、「一時的に治ったように見えるだけ」だと思います。

それよりは、根本を見直す事が、白ニキビケアは大事ですから、潰すことなく治せるように頑張りましょうね!


tokushu-01purple 一緒に読まれています。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ