白ニキビ 潰す 跡

悩んでいる(深刻)
白ニキビが治ったと思ったらうっすら跡が残ってしまい、「このままシミなどになってしまったらどうしよう・・・」と慌てた経験は、誰しもがあるのではないでしょうか。

そんな時に効果的なのは、何と言っても「ビタミンCの投与」です。

ニキビ治療にビタミンCは、「飲んで良し、塗って良し」とも言われている成分で、最近ではニキビ跡やシミに、ピンポイントで塗るタイプのビタミンCの美容液も沢山出てきました。

ところで、サプリ等のビタミンCの摂取で気を付けたいのは、ビタミンCは単体で取ってもあまり効果が見られない事も多いので、健康なお肌を作るのを助けてくれる「ビタミンB」、「ビタミンC」の働き助けてくれる「ビタミンE」などを含んだビタミン剤も一緒に摂取するという事です。


また、美白効果の高い化粧品を併用するのもオススメ

最近では、ニキビ予防と美白効果を兼ねた化粧水や乳液も種類があるので、ニキビ跡が落ち着くまでは、そういった基礎化粧品を使用しましょう。

その間のお化粧は、さっぱりとした仕上がりの「パウダーファンデーション」か「フェイスパウダー」がオススメです。

また、油分の多いクレンジングは、なるべく避ける様にして、お湯で落とせる化粧品を使用しましょう。


最近は、カバー力の高いパウダーファンデーションやフェイスパウダーが多いですが、それでもどうしてもニキビ跡が気になってしまう場合には、ニキビ跡様の油分の少ないコンシーラーを使いましょう。

油分の多いコンシーラーだとせっかく前のニキビが落ち着いていても、また新たなニキビへの誘発になってしまう事があります。


お肌に適度な休息も必要です・・・
外出先から戻ったら、すぐにお化粧は落とし、基礎化粧品とビタミンCの投与で、お肌を休ませて清潔な肌状態にするように心掛けましょう。

また、お肌のターンオーバーを促すためのピーリングは、ニキビ跡にとても良いと言われています。

正しい洗顔方法、正しいピーリングの仕方を身に付け、清潔な肌状態を目指しましょう。


規則正しい食生活はお肌へのターンオーバーを促します。
例えば、緑黄色野菜に含まれるベータカロテンは、体内でビタミンAへと変わり、皮膚や粘膜の健康を保つ働きをしてくれます。

さらに、大豆などに含まれるイソフラボンには、女性ホルモンを活性化させる働きがあり、どちらも健康的な肌を保つ手助けをしてくれます。

ビタミン剤やサプリに頼り切るのではなく、そういった食材からも栄養を取り入れ、ニキビの出来にくい素肌を手に入れていきたいですね。


tokushu-01purple 一緒に読まれています♪

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ