白ニキビ 砂糖

ケーキやチョコレート、シュークリームなど、特に女性の方がお好きな方は多いと思いますが、最近はスイーツ男子と言われていたりと男性でも甘いものがお好きな方はいらっしゃいますね。


疲れた時は無性に食べたくなったりする、その甘いものに入っている『砂糖』と白ニキビの関係についてお話しします。


白ニキビと砂糖の関係

実は、甘いものに入っている砂糖が、「ニキビを作る原因」であることが判明されています。


砂糖には白砂糖や黒砂糖、ザラメ糖や角砂糖、三温糖やグラニュー糖などがありますよね。


この砂糖を摂取すると血糖値があがり、それによって血糖値を抑えるために「インシュリン」が分泌されます。


血糖値だとかインシュリンは糖尿病でもよく耳にしますが、このインシュリンが分泌されるとホルモンが増加してしまいます。


ホルモンが増加することによって、皮脂の分泌が促されてしまうので白ニキビの原因になってしまうのです。


また、砂糖を摂取するとお肌に必要なビタミンやミネラルが吸収されてしまうのです。


ビタミンやミネラルが不足してしまうと血流が悪くなってしまいます。


血流が悪くなってしまうとお肌のターンオーバーや新陳代謝が乱れてしまい、その結果、白ニキビの原因になってしまうのです。


さらに砂糖を摂取すると、お肌のハリや弾力を保つのに欠かせないコラーゲンやエラスチンが糖化してしまうのです。


このコラーゲンやエラスチンはタンパク質ですが、「アンチエイジングケア」でよく取り上げられています。


この糖化はタンパク質を老化させてしまうので、タンパク質であるコラーゲンやエラスチンはその影響を受けてしまって その結果、お肌は硬くなって機能が低下してしまうのです。


硬くなって機能が低下してしまったお肌は皮脂がつまりやすくなり、白ニキビの原因になってしまうのです。


この糖化はおそろしいことに、「シワやくすみやたるみの原因」にもなるのです。



砂糖の摂取量
砂糖は白ニキビの原因になりますが、全く摂取したらダメだというわけではありません。


過剰に摂取してはいけませんが、食物にはどれも最適な摂取量というのがあります。


経験のある方も多いと思うのですが、ビタミンを取りすぎるといつもと尿の色や匂いが違うことがありますよね。


それは取りすぎて要らないビタミンが排出されてるからなのです。


では砂糖の最適な摂取量はというと、「一日25グラムまで」が望ましいのですが、ティースプーン6杯分に相当するそうです。


これより多く摂取してしまうと過剰摂取になってしまうのですが、ティースプーン6杯って少ないですね。


黒砂糖や三温糖など色のついている砂糖は白砂糖と比べて栄養素が含まれているので、白砂糖よりはおすすめです。


では甘いものが食べたくなったらどうしたらいいか?というと、砂糖の代わりに麦芽麦飴など穀物からとれる糖質や、メープルシロップやはちみつ、トレハロースやオリゴ糖で代用するといいですね。


美肌のためにも、甘いものは食べ過ぎないよう注意しましょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ