白ニキビ 角栓 違い

白ニキビのお話で度々出てくる『角栓』ですが、今回はこの『角栓』の説明と『角栓の違い』についてのお話します。


角栓とは

角栓とは育つ間もなく角化した表皮で、角質のことですね。この角化した皮膚の部分で見られる角質の起こす現象のことを指し、皮脂と古くなった角質が混ざり合ってできています。


皮脂の占める割合は約30%、残りの70%はタンパク質でできています。


毛穴付近の未熟で痩せこけた硬い角質が剥がれかけたときに見えるのですが角栓をよく見てみると、トゲみたいに見えることはありませんか?


これが角栓の始まりです。


この角栓は未熟な角質細胞の集まったもので、未熟なために水分を補いきれずに傷んで剥がれかけるのですが、角質同士を繋ぐ脂質を分解する酵素が不十分で角質同士が繋がった状態になっているのです。


きれいにはがれることが出来ずに、お肌に残ってしまっているのです。


この角栓は洗顔直後や湯上がり直後に見ると、ふやけた状態のためドロッとした皮脂だとや何かの汚れのようにも見えますが、痩せ縮んだ角質が正体なので、皮脂や化粧品の油脂などがつき酸化してしまうと、お肌にこびりついて洗ってもなかなか取れにくくなってしまいます。


そしてどんどん大きくなっていって他の角栓とも一緒になって毛穴を防ぐ栓となってしまう場合もあるそうです。


白ニキビ 角栓の違い
育っていった角栓は「皮脂の詰まり」で、あってさらに「コメド」でもあって、「ニキビ」でもあるということです。


色々調べてみるとニキビではよくコメドという言葉を使っていて、それとは違い、毛穴でのトラブルではと角栓という言葉を使う事が多いように思います。


いずれにせよ基本的には「角栓=皮脂詰まり」として認識していいと思います。


白コメド、いわゆる閉鎖コメドは角栓が毛穴を完全にふさいでしまいお肌の中に黄白色の脂の塊ができてしまった状態で、こちらが一般的に白ニキビと言われれていて白色で盛り上がっているように見えるのですが、やはりこちも皮脂詰まりです。


白ニキビの原因は皮脂の過剰に分泌も関係していますし、皮脂が詰まり、白ニキビになっていくことを考えると、やはり皮脂をいかに過剰に分泌させないか、皮脂が詰まりにくくするためにしっかり「正しい生活習慣やスキンケアを行うことが大事」です。



tokushu-01purple 一緒に読まれています。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ