白ニキビ 触ると痛い

鏡を覗いてみたら白ニキビが…


気になって触りたいし、潰してしまいたい気持ちになりますよね。


そしてどうしても我慢できずに触ってみたら、痛いって感じたことはありませんか?


白ニキビは触ると痛い?

白ニキビはニキビの中でも初期の段階のもので、毛穴の中を角栓(コメド)がふさいでしまっているため皮脂や角質が排出できずにたまりつつある、アクネ菌などによる炎症も起こしていないニキビです。


炎症をおこしていないので本来なら触っても痛くないはずです。


それがどうして痛く感じるのでしょうか?


答えとして考えられるのは実はそれは「白ニキビではない」からです。


白ニキビから黄色ニキビへ
ニキビには段階があって、白ニキビから悪化して黒ニキビになり、炎症をともなう赤ニキビ、膿まで持ってしまった黄色ニキビ、極限まで悪化した紫ニキビとなります。


白ニキビは痛みがないことがほとんどですので触って痛い場合、「黄色ニキビの可能性」が高くなります。


黄色ニキビの中は膿がたまっていますし、炎症も起こしていますので当然痛みもともなうことが多いのですが、白ニキビと見分けがつきにくいことがあるのです。


触って痛い場合はそれ以上触ったり、潰したりしないでください。


もし黄色ニキビであった場合、炎症もともなっていますから悪化すると紫ニキビになってしまったり、何よりニキビ跡が残りやすくなってしまいます。


黄色ニキビはとてもデリケートな状態です。そしてとても不安定です。


突出していることから、潰すつもりではなくつい触ってしまって膿が出てしまうこともあります。


触ると痛い場合は皮膚科へ
沈静化を待つという方法もありますがあまりに気になるのであれば、皮膚科を受診することもいいと思います。


また、「専用の器具を使用して膿だけを取り除くという治療法」があります。


黄色ニキビであればすでに膿が溜まった状態なので、化膿したものを沈静化させるためには「膿を抑える外用薬」や、「抗生物質の内服」が効果的だです。


もしも潰してしまった場合などは皮膚科などを受診するとその症状に合った薬を処方していただけると思いますので、本当に心配な場合は病院を受診すると良いと思います。


この状態の時に白ニキビの治療薬などを使うことは、反対にお肌に悪い影響を与えかねません。


ですから、専門医や薬剤師さんに相談すると良いと思います。


悪化してからニキビ跡を残してしまうようなリスクを背負いながら自分自身だけで治療を行うよりは、まずは専門の方に相談する方がが安心ですよね。


症状が落ち着くまでは、「水溶性ビタミンC配合の美容液などは刺激が強い」ので、使われる場合は注意が必要です。


美白にも使われるビタミンC配合の化粧品って肌なじみはいいのですが、パリッとした感じがするんですよね。


肌に優しい成分のものでスキンケア」してあげてくださいね。


白ニキビと黄色ニキビの判別は難しいこともあるので、ニキビができてしまった段階で触ったり、潰したりせず外側や内側から正しくアプローチして、美肌を取り戻しましょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ