白ニキビ 食べ物との関係は?

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s白ニキビって、食べ物でも改善されるのは、ご存知でしょうか?

今回は、白ニキビで悩んでいる方が、「食べたほうが良いと思われる食べ物」と、逆に「控えたほうが良い食べ物」をご紹介致します。


まずは成分のお話からしようと思います。

ビタミンがニキビに良いというのは、皆さまご存知だと思いますが、ビタミンにはたくさんの種類があって、その中でも「ビタミンA」、「ビタミンC」、「ビタミンB6」、「ビタミンB2」、「ビタミンE」が有効です。


栄養素の働きについて・・・

ここで、それぞれの働きについて、簡単に説明したいと思います。

  • ビタミンAは、免疫力アップの働きをしてくれるもの。外部からの雑菌が侵入するのも防ぐ働きもあります。
  • ビタミンCは、ニキビの原因となる活性酸素(体内だけでなく紫外線や排ガス、タバコの煙などでも発生する肌を酸化させる原因になり、老化や様々な肌トラブルを引き起こします)を除去してくれます。
  • ビタミンB2は、糖質やニキビの大敵の脂質、タンパク質を体内でエネルギーに変えてくれます。不足すると毛穴が詰まりやすくなります。
  • ビタミンB6は、ビタミンB2とほぼ同じ働きをしてくれます。あと、ニキビの後の色素の沈着も抑えてくれます。
  • ビタミンEは、抗酸化作用があって、活性酸素による肌の酸化を防ぐ働きをします。冷えにも効果があります。
  • それと加えて食物繊維が大事です。食物繊維は体内で不要なものを、体外に排出する働きがあります。

この栄養成分が、白ニキビにはとても有効なので、日々の食生活に積極的に取り入れていきたい栄養素です。


実際の食べ物では何に含まれているの??

では次に、栄養成分別にいくつか食べ物を、これから紹介していきます。

  • ビタミンA お肉のレバー類、うなぎ、いくら、牛乳、卵、プロセスチーズ、ほうれん草、小松菜、人参等
  • ビタミンB2 お肉のレバー類、いかなご、うなぎ、牛乳、納豆、まいたけ、モロヘイヤ等
  • ビタミンB6 鶏ささみ、にんにく、まぐろ、かつお、ピスタチオ、ごま、とうがらし等
  • ビタミンC ピーマン、ブロッコリー、アセロラ、キウイフルーツ、いちご、レモン、グレープフルーツ、海苔、さつまいも等
  • ビタミンE マーガリン、アーモンド、ピーナッツ、ひまわりの種、うなぎ、たらこ等
  • 食物繊維 ごぼう、菜の花、かぼちゃ、モロヘイヤ、枝豆、いんげん豆、大豆、こんにゃく、しらたき、しいたけ等


白ニキビに避けたい食物と言えば??

では、逆に控えたほうが良い食べ物について、まとめていきたいと思います。

まず、炭水化物のとり過ぎは、糖分が増えてしまい、糖分が分解されて脂質に変わりますので、白ニキビの原因となる「アクネ菌は脂質が大好き」なので、過剰にとるのは控えた方が良いでしょう。


次に、油分の多いもの(揚げ物やスナック菓子)も、なるべく控えてください。

理由としては、血液中の「中性脂肪が増えてしまう事で、皮脂の分泌が過剰」になってしまいます。


好物の方も多いと思いますが、チョコートやケーキなどの洋菓子は、糖質が多いので控えた方が良いです。

糖質を分解するのに、ビタミンが使われますが、ビタミンの分解が追いつかない程の過剰摂取となる恐れもありますので、要注意です。


また、辛いものも肌に刺激となるので、とり過ぎない方が良いですし、海藻類は体には良いのですが、過剰に摂り過ぎると、「ニキビのできやすい体質になる」ので要注意です。


他に、私はお酒が大好きなのですが、アルコールにも糖質がたくさん含まれているので、分解するのにビタミンを使い、分解できないと、脂質になってしまいますので、できるだけ控えた方が良いでしょう。

私も、実際に連日お酒を飲み過ぎた後は、白ニキビがポツポツという経験があります・・・


これらは、あくまで控えたほうが良いだけであって、全く食べたらいけないものではありませんし、「食べ過ぎはダメなんだ」というのは、頭の片隅に置いて頂けたらと思います。

できる範囲でいいので、食生活を改善することによって過剰な皮脂分泌を抑えることができ、白ニキビのできにくい体質になったり、白ニキビができてしまっても、治りやすい体質になっていくと思います。

美肌を目指して頑張ってみて下さいね!

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ