粉瘤 くさい

粉瘤というのは皮膚の下に袋状の構造物が出来、その中に垢などの身体の老廃物が溜まります。

様々な場所に出来るのですがどうして出来るのか、その原因についてはハッキリとは解明されておらず、初期段階だとおできやニキビと勘違いをする人もいます。

放置していても良性の腫瘍なので基本的には健康には問題は無いのですが、そのまま放置しておいても治る事は無いです。

くさい粉瘤はすぐに取り除くべき

何とか腫れものを無くそうと押して中のものを吐き出させようとしますが、そのような事をすると中の老廃物が飛び出して、その臭いは非常にくさいと言われています。

また、押し出しても袋状の構造物が残っている限りは再び老廃物が溜まってしまうので、粉瘤は自分でいじってどうにかなるものでは無く、病院で袋を取り除かなくては治らないのです。

また、自分で押し出して老廃物を排出しようとすると、雑菌が侵入して炎症を悪化させる原因となるので素直に病院で診てもらうべきです。

粉瘤が出来たばかりの時は炎症を起こしているので、炎症が治まるまでは通常は手術を行う事は出来ず、まずは炎症を抑える必要があります。

炎症が治まったら手術を行って切開して袋を取り除きます。

手術は小一時間程度で済みますので、粉瘤が出来た場合は放置してどんどん大きくなる前に、出来る限り早めに「病院で取り除いて」もらった方が良いです。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ