粉瘤 原因 ストレス

粉瘤というのは、皮下にできてしまう腫瘍のことであり、痛みはほとんどなく、しこりができます。

服薬治療や手術などで取り除く方法が一般的です。

良性の腫瘍であり、一般的な腫瘍のように細胞が変異するものとは異なり、表皮細胞の代謝異常によって角質が内部に溜まってしまい袋状のできものになる病気です。

粉瘤の原因はストレスと代謝異常

原因はストレスや加齢による代謝異常だといわれています。

ですから、ストレスから解消された生活を送ることができれば、粉瘤の悪化もストップするのです。

粉瘤は顔や耳の付近、背中などの体の各所にできる可能性があるため、ストレスを取り除くために心療内科などで治療をしていくのも一つの方法としていいでしょう。

しかしながら、一度粉瘤ができてしまうと、治療をしていってもできやすい体質になってしまうため注意が必要です。

なるべくできにくいように心穏やかな生活を心がけで気になるようだったら、「医療機関を受診」するようにしましょう。

場合によっては人からもわかりやすいくらいのしこりになってしまうこともあるからです。

粉瘤はそれほど知られているものではないので、情報を集めて対応していくようにしましょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ