粉瘤 原因 顔

粉瘤は小児から成人まで、男女問わず起こる可能性があります。

できる部位は頭から足の先まで様々なケースがあります。

顔面や背部に比較的多く発生します。

粉瘤の原因と顔にできてしまった傷跡の心配

粉瘤のほとんどは表皮の下に袋ができ、しこりのような膨らみができるのが特徴です。

良性の腫瘍ですが、一般的な脂肪腫とはまた別のものと考えられています。

一度炎症を起こすと赤く腫れて痛みが起こることがあり、自然に消えないため皮膚科を受診して治療を受ける必要があります。

皮膚に切開を加えて中の膿を摘出しなければなりません。

粉瘤ができる原因は、はっきりとは特定されていませんし外傷が原因になることがあります。

そのほか、毛穴の奥に炎症や皮膚の傷ができたことによって、表皮と同じ構造の皮膚ができてしまうという説があります。

さらに、食生活の乱れが原因と考える医者も存在するため、食事を改善するのも良いです。

顔などに出来てしまった場合、傷あとが気になってしまいますが、術後半年から1年ほどで目立たないものとなります。

痕が残らないよう配慮した手術が可能となっているうえ、難しい手術ではないので、「医療機関で早めに治療」を受けることが良いです。

近年、顔の粉瘤の除去手術は美容整形外科においても対応しています。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ