粉瘤 黒ニキビ

黒ニキビというのは名前の通りに黒くなっているニキビであり、ニキビは皮脂が毛穴に詰まってしまう事が原因で起きます。

放置していると皮脂が酸化される事によって黒く見えるケースもあり、それが黒ニキビです。

ただ、黒ニキビだと思っていたものがそうでは無くて粉瘤であるというケースもあるので気をつけなくてはならないです。

黒ニキビだと思っていたら粉瘤である事も

粉瘤というのは皮膚の内側に老廃物が溜まってしまう良性の腫瘍の事です。

粉瘤の場合は放置しておいても治るという事は無く、嚢胞と呼ばれる老廃物が溜まっている部分の袋を取り除く必要があります。

袋を自分でつぶす事で中に溜まった老廃物が膿として排出できるケースもあります。

しかし、老廃物を排出するだけでは一時的に腫れが改善されるだけであり、再び老廃物が溜まっていってしまうので袋を取り除く必要があるのです。

もし粉瘤である場合は、皮膚科などで手術をして嚢胞を取り除いてもらう必要があります。

中には自分で何とかしようとする人もいますが、そのような事をするのはトラブルの原因となるので止めておくべきであり、きちんと病院で診てもらうようにした方が良いです。

粉瘤である場合はニキビ以上にどんどん腫れが大きくなってきますので、もしもニキビとは様子が違って腫れが大きい場合はなるべく「早めに病院で診療」してもらうべきです。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ