耳の裏 粉瘤 原因

粉瘤というのは、ストレスや加齢などが原因で体の各所にできてしまう良性の腫瘍になりますが、しこりのようになるので、それが何かがわからないという人もいることでしょう。

これは皮下に嚢胞という袋状のものが作られることで起こる病気です。

耳の裏にもできる粉瘤の原因とは?

袋状のものはもとは皮膚であり、新陳代謝で皮脂や古い角質が垢となって排出されるようになります。

しかし、これがその袋の中にたまってしまい、半円球状のしこりとなって盛り上がってくるのです。

また、耳たぶや耳の裏側に発生することが多く、ミリ単位からセンチ単位のものまでさまざまな大きさであり、小さいものが同じところにたくさんできたりすることもあります。

一度できると再発しやすくなる場合もあるので注意が必要でです。

特に耳や耳の裏は多発しやすい場所になります。触ってみると、しこりができているのがわかると感じることでしょう。

粉瘤は良性であるため、気にならないようであれば治療をしないで経過を観察していくのでもいいのですが、状況によっては大きくなってくることあるので、皮膚科や形成外科などの「医療機関を受診」して、投薬治療や切除手術をすることをおすすめします。

まずはインターネットや書物などでどういった病気なのかを調べてみるといいでしょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ