赤ら顔 レーザー 保険

赤ら顔とは、毛細血管の拡張によって、顔が常に赤くなっている状態をいいます。

赤みの正体は、毛細血管を流れる血液の色で、肌の表面近くにある毛細血管の拡張と増殖によって、血流が増大した結果、赤ら顔に見えます。

赤ら顔には保険適用のレーザー治療が効果的

軽症の場合には、食生活やスキンケアを見直すことで、対応することができますが、重症の場合には、クリニックでの治療が必要な場合があります。

クリニックでは、光治療やレーザー治療、硬化療法などの治療方法があります。

光治療は、患部に光を当てて、拡張した毛細血管を縮小させて、顔の赤みを見立たなくする治療法です。

レーザー治療は、 赤い色素にのみ吸収される仕組みを利用して、ほかの皮膚と変わらない色調へと整えていく治療法です。

症状によって使用する機械が異なり、保険適用になるのは、「ダイレーザー」という機械を使った治療で、単純性血管腫、苺状血管腫、毛細血管拡張症と診断された場合となります。

硬化療法は、血管に軟化剤を注射し、血管の内側をくっつけて線維化させる治療法です。

軽症の場合には、「毎日のスキンケアを見直す」ことで、改善することがあります。

洗顔のしすぎやゴシゴシと強く肌を刺激すると、負担を与え乾燥をもたらしてしまい、症状を悪化させる原因になります。

そのため、必要以上に洗わないようにし、摩擦を避けるようにたっぷりの泡で優しく洗うことが大切です。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ