赤ら顔 化粧水 アルコール

顔がほてって赤く見える赤ら顔は本人にとってかなり強いコンプレックスになりますが、その改善のために化粧水を使う際には事前にチェックしておくべきポイントがあります。

アルコール入り化粧水は赤ら顔の原因のひとつ

特に重要なのが「アルコール入りの物を選んではいけない」ということです。

化粧水は品質保持と皮膚の消毒のためにアルコールが入っているものが多いのですが、これは肌の乾燥を招く大きな要因のひとつです。

そして赤ら顔に至る原因はさまざまですが、多くの場合は皮膚の乾燥が原因です。

乾燥によって皮膚のバリア機能が低下して敏感肌の状態になってしまうことで顔が炎症を起こして赤く見えてしまうわけです。

ではこういった人はどのような化粧水を選べば良いのかというと、基本となるのはアルコールがあまり含まれておらず、かつ保湿力に優れた商品です。

赤ら顔が乾燥によって引き起こされるの出れば乾燥を防げば良く、そして乾燥を防ぐには「保湿」が一番です。

しかしただ化粧水を使って保湿するだけでは肌の内側が乾燥するインナードライと呼ばれる状態になってしまいますから、赤ら顔治療の際にはビタミンCなどの肌に良いビタミンも併せて摂取していくことを考える必要があります。

現在ではインターネット通販などでさまざまな商品を選んで買うことが出来るようになっているのですから、商品選びはしっかり行って赤ら顔対策にベストなものを使うようにしましょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ