赤ニキビ リパーゼ 脂肪酸

悩んでいる(軽)
赤ニキビは一度できると、なかなか治らないですよね。

それにケアを間違えてしまうと、色素沈着になったり、ひどい場合にはクレーターになって、なかなか治らないケースもありますね。

そんな赤ニキビを対策するにも、まずは「どうしてできてしまうのか」という事の原因を知る必要があります。


まず、ニキビとはアクネ菌と呼ばれる菌が、毛穴に溜まった皮脂の中で増殖する事でできます。

ニキビの原因とされている、このアクネ菌の性質を説明しますと、アクネ菌は、実はみなさんが絶対にもっている菌で、普段は特に悪影響のないものだそうです。


またアクネ菌は、「肌を弱酸性にする働き」があり、空気や酸素を嫌う嫌気性という事です。

皮脂を餌に活動し、皮脂が増えれば増えるほど、活発に活動するようになりますので、皮脂が詰まり、嫌いな空気がいなくなったところを好み、増殖をしていきますので、要注意です。


細菌性リパーゼとアクネ菌の関係

アクネ菌は、「細菌性リパーゼ」という脂肪分解酵素をつくりだす働きがあり、そのリパーゼは皮脂中の成分である「トリグリセリド」を分解して。遊離脂肪酸という物質を生み出します。

そして。この遊離脂肪酸と呼ばれるものが毛穴を刺激し、角化異常を引き起こし、角質を厚くしてしまうとされていて、そして角質が厚くなる事で、皮脂の詰まりが発生、ニキビを引き起こします。


では、この増殖したアクネ菌を、体内ではどのように処理しようとするのでしょうか?

人の体は細菌が極端に増殖した際に、免疫システムが働き、白血球が増殖を阻止しようと働きかけます。

皮膚においても同じことが言え、毛穴が塞がれた事で、増殖したアクネ菌を抑えるため、「好中球」と呼ばれる白血球の一つが働き、活性酸素を発生させてアクネ菌を攻撃し始めます。


この時、活性酸素によりアクネ菌の増殖が抑えられるのですが、活性酸素が肌にダメージを与える事で、赤みや色素沈着を招いてしまったり、炎症の度合いや体質によっては、クレーター状の凹みというニキビ跡ができることもあります。


アクネ菌増殖と色素沈着の関係・・・

これらが赤ニキビを招いてしまう要因と、色素沈着などの跡の残る原因なのです。

肌の中にも役割があり、普段はそれを守って正常に働いているのですが、空気を与えないとアクネ菌が増殖してしまうというサイクルです。

このアクネ菌をうまくコントロールすることができれば、赤ニキビを増やすことなく、正常な肌を保つことができます。


赤ニキビが、肌に一つでもあるという方は、「緊急事態だ」と思ってケアすることで、常にニキビのない綺麗な肌を保つ事に繋がりますので、ケアを怠らないようにしましょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ