赤ニキビ リプロスキン

今赤ニキビができてしまった後に使用する、リプロスキンという化粧水がありますよね。

そのリプロスキンについての使い方や、実際にお肌にいいのか、お話したいと思います。


リプロスキンとは?

リプロスキンとは、「導入型柔軟化粧水」のことをいいます。


化粧水や美容液の効果を高めてくれる「ブースターローション」のことで、化粧水ではなく化粧水を肌まで届けるサポートをしてくれるものになります。

赤ニキビによる炎症の悪化でニキビ跡がある肌というのはニキビ跡の種類に関係なく、肌が硬くなった状態のことで、このままではどれだけ良い化粧水を使っても浸透しないということになります。


そんな浸透しない硬くなった肌に、美容成分を浸透させる役割を担うのがこの「リプロスキン」です。


洗顔後にすぐに使用することで古い角質をはがし、肌を柔らかくするブースタータイプの化粧水で、美容液の肌への浸透をうながします。


そんなリプロスキンは天然由来で添加物が一切入っていません。これにより、低刺激で肌を柔らかくすることができます。


ニキビ跡が出来てしまっている肌というのは、普段よりもデリケートな肌質を選ぶ化粧水ですと悪化する場合もありますが、完全無添加のリプロスキンは肌に優しく肌質を選ぶこともないので安心して使うことができます。



リプロスキンの使い方
そしてリプロスキンのもうひとつのメリットとしては、60日間保証期間があるので肌に合わない場合には60日以内であれば全額返金保証があるので、安心して使うことができますね。


そんなリプロスキンの使い方ですが、まず、「洗顔後のメイク前やメイク後のスキンケアの際に初めに使うこと」です。


これにより、古い角質をはがしてターンオーバーの促進の効果を最大限に発揮することができます。


液を顔全体に伸ばし、肌に浸透させ、ニキビの気になるところには2,3回くらいなじませるのがよいでしょう。


リプロスキンを使う中で大切なのは「手のひらの熱を使ってじっくりと肌に浸透させること」です。



リプロスキンの副作用
リプロスキンは副作用はないとされています。たまに使用している方でニキビが悪化したという方がいますが、それは効果の表れでもあるそうです。


リプロスキンにより活性化された肌が、肌の奥にある老廃物を取り出そうとすることで一時的にニキビができてしまうようです。


これが「ターンオーバーの正常な働き」と言えるようなので治まるまで、しばらくは我慢して使い続けることが必要なようです。


とは言っても、人によって肌の合う、合わないはありますので60日間保証内に試しても、一向に悪化する場合には保証を使って返品するのもよいでしょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ