頬 ニキビ 小さい

頬にできた小さいニキビの主な原因は、肌中から分泌された皮脂です。

ホルモンバランスが乱れることにより頬にニキビが現れることもありますが、その場合でも結果として皮脂の分泌量が増えて同じような経過をたどりますので、まずは毛穴に詰まった皮脂を取り除かなければなりません。

頬にできた小さいニキビの対処法

皮脂が詰まったままになるとアクネ菌をはじめとした雑菌が増え続け、ニキビができやすくなりますし、炎症も起こります。症状を改善させたり予防をするためには、毛穴をクリーンな状態にしなければなりません。

一度毛穴に詰まってしまった皮脂を取り除くには、通常の洗顔だけではうまくいきません。

洗っても表面の皮脂だけが取り除かれ、奥深くに入り込んだものはそのままになってしまいます。

力を入れれば多少は落ちますが、皮膚に傷をつける恐れがありますので、「優しく取り除ける方法」を考えることが大切です。

皮膚に負担をかけずに取り除くには、キメの細かな泡を作って、その泡に皮脂を吸着させて取り除くことが有効です。

この方法なら力を入れなくても泡が自然に吸着してくれますので、負担をかけずにクリーンな状態にすることができます。

泡洗顔を続けていくうちに、自然とキメが整ってニキビも改善されます。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ