頬 ニキビ 赤い膨らみ

ニキビの赤い膨らみが頬にできてしまうと、目立つし、痛いし、そのまま放置すると悪化して膿を持ち、さらに目立って気になるのではないでしょうか。

頬は、おでこやあごなどの顔の中のほかの部分と比べても、比較的皮脂の分泌が穏やかなところだといえます。

頬にできる赤い膨らみを持つニキビ

そのため、過剰になっている皮脂を洗顔によって取り除き、毛穴が塞がったり、詰まったりするのを防ぐなどしても、なかなか思ったように治癒することがありません。

これは、アクネ菌と身体の疲れなどの不調が重なった結果、ターンオーバーで老廃物が体外に排出されるサイクルの乱れが生じたためにできてしまったニキビだからなのでしょう。

ですから、赤い膨らみが頬にできてしまった場合には、ひとつはアクネ菌の退治をすること。

もうひとつは日常のストレスからの開放と、良質の睡眠をとること、またそれら全体に及ぼしている生活習慣のすべてを見直さなければなりません。

たとえば、喫煙により血流を阻害していると、リンパの流れが悪くなるので、老廃物が知らぬうちに体内に溜まってしまいます。

その老廃物が肌トラブルに繋がっている原因であることは、周知の事実ですから「生活全体を改善」して、頬の赤い膨らみができにくい体質を作り出しましょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ