黄ニキビ アクネス

一言でニキビと言っても、発症時の色により分類されています。

中でも、化膿していて比較的重症な症状を黄ニキビと呼びます。

黄ニキビというのは、炎症が生じ腫れた症状が悪化することで、膿が溜まってしまっている状態です。

アクネスが効かない黄ニキビ

こうした状態にまで症状が進行すると、アクネ菌のみならず皮膚炎を引き起こす黄色ブドウ球菌も増えています。

そのため、放置しているとより一層炎症が拡大してしまい、周辺にも広がることがあります。

当然、アクネスでは対処できなくなります。

一般的な赤いニキビの場合、1つや2つ程度なら自然治癒が望めます。

一方、黄ニキビの場合自然治癒することはないので、医療機関にお世話になるというのが最重要です。

これほどまで悪化した場合、完治してもクレーター状に跡が残ってしまう可能性が高く、長い目で治療を考える必要があります。

黄ニキビの治療方法は、一つだけではありません。

最も一般的な方法は、内服薬の「抗生物質を利用」することです。

黄ニキビまで進行してしまうと、一般的な外用薬という対処法では治すことができないためです。

特に、重症化していることが見受けられた時には、ステロイド剤を直接的に注射し、体内に成分を行き渡らせます。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ