黄ニキビ ディフェリン

いまや、ニキビ治療といえばこれ、というくらい、ディフェリンは有名な薬となりましたね。

皮膚科にニキビ治療で行くと、おそらくほとんどの方がこの薬を処方された経験があるのではないでしょうか。

しかし、実はこの有名な薬も、全ての症状に万能であるというわけではないのです。

ディフェリンは黄ニキビに効くのか

ですから、せっかく処方してもらったのに全然効かないという方もいるのですね。

例えば黄ニキビは、ニキビの重症度合いでいえば重度なレベルといえます。

ここまで悪化してしまうと、ディフェリンの効果はあまり感じられないでしょう。

ニキビの初期段階である白ニキビであれば、抜群の効果を発揮してくれるのですが、悪化してしまうとそれだけではあまり意味がないのですね。

黄ニキビの治療をするなら、ディフェリンに加えて「抗菌剤を処方」してもらう必要があります。

アクアチムやダラシンといった抗菌剤は、菌を退治することができます。

ディフェリンは肌の角質化を防いで毛穴の詰まりを解消する効果は強いのですが、菌を退治する効果はないので、雑菌が繁殖している黄ニキビの状態だと手遅れなのです。

かといってダラシンやアクアチムだけでは毛穴の詰まりは解消されないので、両者を併用することでより早くニキビを治療することができるようになるのです。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ