黄ニキビ ホルモン治療

ぽつん、と出っ張ったようにできるのが黄ニキビです。

膨らんだその中には、黄色と白色を混ぜたような膿がたまっており、何もしなくても熱を持っているような、痒みを感じるのが特徴です。

黄ニキビの治療法のひとつ、ホルモン治療とは?

よく言われているのは、潰して中の膿を出すと症状がマシになると言う話ですが、これは絶対にやってはいけないことです。

実は黄ニキビは、最初からこのような状態になっているわけではなく、一般的なニキビの炎症が更に悪化することによってできるものです。

ですから、ただでさえ治療には時間がかかり、ニキビが消えても跡が残ると言うこともあります。ですから潰すなどもっての外で、まずは何よりも清潔を心がけることが必要です。

そしてその上で、できれば医療機関でしっかりとした治療を受けることが望ましいです。病院では症状に合わせた治療法がとられます。

最も多いのは炎症を抑えるための治療法ですが、それでも間に合わないほど炎症が酷い場合などには、ホルモン治療が選択されることもあります。

実はホルモン治療は、黄ニキビに限った治療法と言うわけではなく、ニキビ全体に対する治療法です。

ニキビは肌のバリア機能が低下していたり、皮脂が過剰に分泌されることがきっかけで発生します。

そしてそのような状態を招いているのは、男性ホルモンの過剰分泌です。

そのため、その男性ホルモンの作用を抑えるためにホルモン治療が有効になってくると言うわけです。

ニキビの症状を悪化させないためには、あるいは黄ニキビの症状の進行を少しでも食い止めるためには、「早めのホルモン治療が必要」です。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ