黄ニキビ 乳液

黄ニキビにまで症状が悪化した場合、通常の外用薬を用いた方法では治癒できません。

そのため、飲用するタイプの抗生物質で、急速に抑制させるという方法が用いられます。

特別症状が酷い時は、炎症部に対して、直接ステロイドを注射することもあるほどです。

さらに、レーザーを用いて症状を食い止める方法が用いられることもあります。

乳液で防げない黄ニキビ

こういった点からわかるように、黄ニキビが発生した時は乳液などのセルフケアで防ぐことはできないので、急速に炎症を抑えるということが最重要になるのです。

ステロイド剤やレーザー、外用薬を用いて炎症を抑えても黄ニキビになるほど化膿した状態が即座に解消されることはありません。

ニキビの跡が残ってしまったり、再び新しいニキビが発症することが前提として考えたおいた方が良いでしょう。

そして、症状が長引いてしまうという可能性も考えておくべきです。

こうした点から、黄ニキビのみならずニキビそのものを「抑制させるための治療」が重要になります。

そこで有効的なのが、黄ニキビをはじめとする肌のトラブルを解消してくれるホルモン治療です。

男性ホルモンは、肌の状態が悪化するので、男性ホルモンの分泌を抑える治療が推奨されています。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ