黄ニキビ 口元

黄ニキビは、化膿ニキビとも呼ばれ、炎症を起こしたニキビがさらに悪化することにより、膿を持ってしまった状態のことを指します。

内容物が毛穴に収まりきらなくなっているために、周囲の組織にまで内容物が漏れている状態です。

そのため、目立ちやすいだけではなく、痛みを持つニキビです。


口元の黄ニキビを治療するために大切なこと

ファンデーションやコンシーラーなどの化粧品を用いても容易に隠すことができず、また目立ちやすいということで、特に口元などにできてしまった黄ニキビをつぶしてしまったことがあるという人は多いのではないでしょうか?

しかし、黄ニキビは決してつぶしてはなりません。

黄ニキビは、表皮の奥の真皮層にまで炎症が達しているために、クレーターのような跡が残る可能性が高い状態と言えます。

この状態のニキビをつぶしてしまった場合は、跡が残るだけでなく、色素沈着などにつながることが考えられます。

こういった黄ニキビができてしまった場合は、皮膚科などの「医療機関を受診」すると適切な治療を行ってくれます。

まず、ニキビの炎症を止めることが第一段階とされています。

内服抗生物質やステロイド剤などにより、炎症を抑えていきます。

炎症を抑える方法は他にもあり、肌の状態を見ながら、漢方などを取り入れる場合もあります。

何が自分の肌に必要なのかということは、専門家によるカウンセリングを受けることが大切です。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ