黄ニキビ 固い

毛穴から出ている黄ニキビの芯を抜くと、細長い米のような形をしていることが分かります。

芯が固ければ固いほど綺麗な形になるのですが、奥の方はまだ柔らかく酸化していない状態となっています。

固い黄ニキビの芯について

空気に触れたニキビの芯は固くても奥の方はまだ柔らかいままであり、毛穴の奥には皮脂が残っているため、芯を取っても毛穴を綺麗にすることはできないのです。

詰まった皮脂を毎日少しずつ押し出すなら跡になってしまうことはないのですが、急に押し出したり引っこ抜いたりすれば肌の奥の組織が破壊されてしまいます。

ニキビの芯の奥はとてもデリケートな部分であり、「傷つきやすい」ということです。

毛穴とは非常に脆く、トラブルが起きた場合にはなかなか治すことが難しいです。

毛穴からニキビの芯を出しても奥にはまだ皮脂が残っている場合、ニキビが繰り返しできてしまうことになります。

黄ニキビの芯は取って良いこともありますが、そこに菌が入って炎症を起こすこともあるので注意しましょう。

ニキビの芯が気になって抜きたいという場合、毛包が膨張していないか触ってみましょう。

固く小さい芯なら抜いても大丈夫かもしれませんが、大きな袋が皮脂を溜め込んでいそうなら取ってはいけません。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ