黄ニキビ 悪化

黄ニキビはニキビが悪化して黄色い膿が出た状態であり、頬や髪の毛の生え際、顎などにできやすいと言われています。

黄ニキビが悪化した状態

黄ニキビはすぐにできるわけではなく、赤ニキビから悪化するということです。

赤ニキビに適切な対処をしないと悪化してしまいますし、赤く腫れあがって痛みが出てしまうことがあります。

やがて膿を持って黄ニキビに変化してしまうということですが、この状態になると膿などが治まってもニキビ跡が残ってしまうこともあるのです。

黄ニキビになると赤く腫れあがり、膿を持つようになると痛みが出てしまうこともあります。

この状態になるとニキビの原因であるアクネ菌だけでなく、膿を発生させる黄色ブドウ球菌も増殖した状態であり、炎症が広がってしまうこともあるのです。

炎症を起こして膿を持った状態のニキビは怪我をしているのと同じ状態であり、膿を出すために潰してしまうと凹凸したクレーター状のニキビ跡が残ってしまうこともあるので注意しましょう。

潰せば小さくなるのではないかと考えている人もいるかもしれませんが、黄ニキビは炎症が肌の深部まで起きている状態です。

膿が出て炎症が治まっても色素沈着が残ってしまうことがあるため、「正しいケアが必要」なのです。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ