黄ニキビ 炎症

ニキビには白ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビがあり、自分にできてしまったニキビがどのニキビなのかを確認した上でお手入れをする必要があります。

炎症が進んだ黄ニキビは皮膚科で治療を

白ニキビは、毛穴に角栓が塞がっている状態で白くポツンと皮膚が膨らんでいる、でき始めのニキビです。

顎の辺りにできてしまうことが多く、まだ炎症を引き起こしていないのですが、悪化すると赤ニキビになってしまいます。

赤ニキビは、毛穴に詰まっている皮脂を食べて増殖したアクネ菌が原因で炎症を引き起こている状態のニキビです。

背中にできたニキビは赤くなりやすいため、掻いてしまって悪化させないように注意する必要があります。

白ニキビが悪化して赤くなり、指などで押しつけてしまうと痛むようになります。

痒くなるため、つい掻いてしまって跡が残ってしまうことがあるため注意が必要です。

黄ニキビは、赤ニキビが悪化して黄色の膿ができている状態で、炎症を引き起こし痒かったり痛かったりします。

赤ニキビよりもっと跡が残ってしまうことが多く、その跡が膨れ上がってしまうことがあります。

広範囲に炎症が広がりやすく、黄ニキビは自分の力で治療することは難しくなってしまいます。

早目に「皮膚科で診察」を受けて治療する必要があります。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ