黄ニキビ 痛い

ニキビが膿んで黄色く見えるのが黄ニキビです。膿んでいるので痛みを伴うことがあります。

痛い場合はどうしたらいいのでしょうか?

黄ニキビが痛い場合はどうしたらいいのか?

痛む場合は基本的に自分でできることといったら炎症が治まるのを待つしかありません。

間違っても潰すのはやめましょう。傷口を広げるだけで、醜いニキビ跡を残す結果となるので、痛かったり痒かったりしても、我慢して炎症が治まるのを待つしかありません。

痛みや痒みが強くて耐えられないようなら、「皮膚科を受診」するといいでしょう。

炎症を抑える内服薬や化膿止めの内服薬を出してもらえます。

黄ニキビは膿んでいる状態なので、これが治る過程でかさぶたのような状態になります。

その際に絶対に剥がしてはいけません。自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。

また剥がれた後の肌ケアも注意です。ここを間違うとシミのようなニキビ跡を残す結果となるのです。

正しいケア方法とは、紫外線に当てない、摩擦に注意するということです。患部を過度な刺激にさらさないが基本です。

かさぶたが剥がれた後の肌はまだまだ生まれたての赤ちゃん肌、つまりデリケートなのです。

ちょっとの刺激がメラニンの発生につながり、シミなどの肌トラブルをもたらす可能性もあります。

一見治った肌ですが、まだまだデリケートと思って「慎重に扱う」ことです。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ