黄ニキビ 膿を出す

ニキビが可能して黄色っぽく変色してきたのが黄ニキビです。

この黄ニキビに関しては「潰して膿を出す方が良い」という意見と「潰さずにケアをして治した方が良い」という意見があります。

ですが実際に潰して膿を出す場合であっても、やり方を間違えてしまうと結局痕が残ってしまうこともありますので注意が必要です。

黄ニキビは膿を出すために潰した方が良い?

では黄ニキビはどうすれば良いのかというと、まず重要なこととして行わなくてはならないのが清潔を保つことです。

清潔を保ちつつ潰すのであれば針をアルコールで消毒して膿を出し、その後潰したニキビの周りをアルコールを含ませた脱脂綿で軽く拭って軟膏を塗るのがベストです。

ただし傷跡に細菌が入ってしまうことを防ぐため使う軟膏は抗生物質が入っているものにしましょう。

またここでよく見られるのがニキビの中にあった膿を完全に出してしまう人なのですが、これは基本的に禁物です。

膿の奥には死んだ細菌や膿が入った薄い袋のようなものがあり、これを潰してしまうと再びニキビが出来てしまうからです。

もしこうした力加減や消毒が出来るのであれば黄ニキビを潰すのは構わないのですが、もしそうしたことに不安があるようであれば「皮膚科を受診」して治療薬をもらった方が良いでしょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ