黄ニキビ 軟膏

黄ニキビはニキビの炎症がひどくなった状態のもので、正しい方法で直ちに治療を行わなければならない状態です。

毛穴の中に溜まった膿が外からでも確認できてしまうので、黄色く見えるのです。

黄ニキビ治療は軟膏では間に合わない

何故膿がたまるかというと、ニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖して炎症を起こし、それを白血球が防ごうとして大量に死ぬからです。

更にこの状態になるとアクネ菌だけではなく黄色ブドウ球菌までニキビに入り込んで増殖している場合が多く、そうなると余計に炎症がひどくなる恐れがあります。

また、炎症が真皮層まで達しているため、少し触っただけでも痛いという状態になります。

不用意に潰してしまうとほぼ確実に色素沈着を残してしまいますし、更に悪いとクレーター状の跡が残ってしまう場合もあります。

綺麗に治したい場合は自己流で対応せず、「必ず皮膚科を受診」するようにしましょう。

黄ニキビの治療は、まず炎症を食い止めることが大切です。

よくニキビ治療用に軟膏を使う人がいます。

殺菌効果のある軟膏は、アクネ菌を殺してニキビを落ち着かせる効果がありますが、膿むほどに悪化したニキビにはこれでは間に合いません。

皮膚科では炎症を抑えるための抗生物質を塗ります。

その他に、強力な内服抗生物質を処方したり、症状によってはステロイド剤の注射を打つ場合もあります。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ