黄色ニキビ 原因

黄色ニキビの原因は、ニキビに膿が繁殖してしまう事です。

ただ、ニキビが出来てすぐに膿が繁殖するという訳ではなく、この状態になるには白ニキビ、そして赤ニキビという段階を通る事になります。

黄色ニキビの初期の状態

白ニキビは、開いた毛穴の中に皮脂や角質が詰まり、そのまま角栓になった状態です。

この白ニキビから赤ニキビや黄色ニキビ等に進んでいく事になる為、白ニキビが出来た段階で、毛穴の中の角栓を押し出す面皰圧出を行っておく事で、これ以上ニキビが進行する事を防ぐ事が出来ます。

そしてこの角栓に細菌が繁殖して炎症が起きると、赤ニキビになります。

赤ニキビは、炎症を抑え、細菌の繁殖を抑えるニキビ薬が有効となります。

そして、この赤ニキビに、膿が繁殖してくると、黄色ニキビとなってしまいます。

白ニキビや赤ニキビは、個人でも出来る対策もあり、早めに対処する事で、早く綺麗に治していく事が出来ます。

ただ、膿が繁殖してしまっている場合、対処法を間違えると、クレーター状のニキビ跡が出来てしまう事になります。

クレーター状のニキビ跡は出来てしまうと、消えずに肌に残ってしまう可能性が高くなります。

その為、無理に対処をしようとするのではなく、「皮膚科で治療を受ける」事がお勧めです。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ