黄色ニキビ 潰す

ニキビはそれができる原因によって、見た目が変わってきます。

ぽつ、と出っ張ったような、そしてその中に白っぽいような、黄っぽいような膿が溜まっているニキビを黄色ニキビと呼ばれています。

黄色ニキビの状態

これは炎症したニキビが更に悪化して、毛穴に収まりきらなくなった内容物が周囲の組織に漏れ出てしまっており、その上、膿を持ってしまっている状態のニキビです。

つまり、ニキビの中でもかなり症状が進行してしまっている状態であるとも言えます。

炎症が肌の奥深くにまで進行しているので、治療をしても跡が残ってしまう可能性も高くあります。

そのため黄色ニキビを発生させないためにも、ニキビは初期の段階で適切な治療を行うことが重要です。

黄色ニキビを潰すとどうなる?
ですが黄色ニキビができてしまった場合、潰すことで中の膿を出せば治ると言う話を聞いたことがある人は多いかもしれません。

確かに、中の膿を出せば痒みもおさまりそうだし、それにより炎症もひいていきそうだと言う気はします。

しかし、結論からするとこれは「絶対にやってはいけない」ことです。

先述したように、黄色ニキビはニキビの中でもかなり症状が進行してしまっている状態です。

そのため、下手に潰す、触るなどの対処をとると、治るどころかより症状が酷くなる可能性もあります。

そしてそれにより、より残る跡が大きくなったり、広い範囲に及んでしまうことも考えられます。

不注意によって潰れてしまった場合は仕方ありませんが、そうでもない場合は清潔を心がけるのが一番です。

望ましいのは「病院で治療を受ける」ことですが、それができない場合は優しく洗顔をする、抗炎症成分の入った化粧水で保湿するのが良いです。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ