黄色ニキビ 薬

黄色ニキビは、ニキビの症状として代表的な存在ですが、その状態は意外と深刻です。

黄色ニキビは膿が溜まった状態にあり、特に痛みを感じる状態にまで進行していると、黄色ブドウ球菌が繁殖して炎症が更に悪化する途上である場合があるからです。

炎症が真皮層にまで進行している事から、対処を間違えると跡が残り易くなります。

黄色ニキビの対処は薬を利用して的確に対処するようにしましょう。

黄色ニキビは薬を利用して的確に対処

皮膚科に通院する場合、炎症の程度によって状態を改善する薬を処方してくれます。

例えば、患部に塗る一般的なニキビ薬に近い使用感のものから、内服する抗生物質まで様々です。

症状によっては注射やレーザー治療等で対処してもらえますので、幅広い状態に対応してもらえるでしょう。

また、ニキビが慢性的になってしまった方の為に、漢方治療を行う場合もあるものです。

これらのように、直接ニキビへ対処するものとは別に、ホルモンの働きを整えて黄色ニキビができにくくなるように対処する方法もあります。

この場合は錠剤やピル等を利用して男性ホルモンの作用を弱める事で、ニキビのできにくい状態にする治療が行われるでしょう。

ニキビそのものに対処する方法と異なり「ニキビが発生しにくい肌作り」ができますので、症状を緩和しつつ予防を行う事ができます。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ