黒にきび 膿

肌のトラブルというものは、とても多く寄せられる悩みです。

そのなかでもニキビに悩まされている方というのは、日本全国に非常に多く、年齢は10代の方からすでに30代を超えた大人の方まで幅広い層の方がニキビの悩みを持っています。

膿の出る黒にきびについて

ニキビというのは、メカニズムとしては毛穴が詰まって塞がれ、そこに炎症を起こす症状のことですが、その症状が悪化すると赤にきび、黒にきびなどに変化します。

ニキビは、初期症状は白にきびと呼ばれて、小さな脂肪のようなものの塊が確認できるだけですが、黒にきびまで悪化すると毛穴のなかで膿がたまって強い痛みを引き起こすのです。

黒にきびは、見た目が赤黒いような、赤紫にも見える色に変色しており、見るとすぐに黒にきびと判断することができます。

赤にきびとの違いは、赤にきびは赤いだけですが黒にきびは黒っぽいと同時に、毛穴に膿がたまっていますので皮膚が膨らんだような状態になっており、さらに盛り上がっているうえに痛みがあります。

毛穴の中の膿が、その下の皮膚の血管を刺激するために痛みが起こるのです。

このような状態になったニキビの対処法としては、まず膿を出し切ることが必要になってきます。

まずは「皮膚科に行く」のも選択肢のひとつだと言えます。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ