黒にきび 角栓

黒にきびは、角栓が詰まって毛穴が黒ずんだ状態です。

黒にきびは毛穴に皮脂が詰まる角栓が原因

角栓は、鼻の頭などにぼつぼつとできる斑点で毛穴に皮脂が詰まったものをいいます。

角栓は、皮脂が分泌されやすい脂性の人や、思春期の時期にできやすいもので、肌のターンオーバーが起きずに、古い角層が残ったままでいるのも出来やすくなります。

通常、睡眠によって古い角質が剥がれ落ち、ターンオーバーが促されて新しい肌に生まれ変わります。

ただ睡眠不足になると、ターンオーバーが促されずに、古い角質が残ったままになり、皮脂が詰まることでにきびが発生します。

特に、角質が硬くて詰まりやすい顎周りは寝不足になるとすぐに皮脂がつまったり、白にきびができやすい場所です。

また洗顔を怠ると、毛穴に汚れがたまり、角栓が出来る原因となります。

そのほかにも、脂ものを食べ過ぎたり、お酒の飲み過ぎによって、老廃物を排出する肝臓の働きが停滞することでも、皮脂がいつまでも残る原因ともなります。

ですから、スキンケアとともに食生活や生活習慣を見直すこともにきび予防になります。

黒にきびは、毛穴が汚れている状態で炎症を起こしているわけではないため、正しいスキンケアや食生活にすることで改善できます。

ただケアを怠ると、アクネ菌が繁殖して炎症を起こし、赤にきびができてしまいますから日頃から「きちんとケアし予防」することが大事です。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ