黒ニキビ かさぶた

ニキビが出来ると誰もががっかりした顔になってしまいますが、初期ニキビである白や黒であれば早めに処置をしていく事で治りも早くなります。

黒ニキビからかさぶたになった時

白はあまり気がつかないことも多いですが、黒ニキビであれば肌に何となくこれかもしれないと出来た状態が分かりますから、プッシャーなどを使って芯や膿を出しておくといいでしょう。

そして、黒ニキビの処置をするとそのうちかさぶたができます。

にきびではありませんが、顔に出来れば誰でも気になってしまいますし、ニキビと同じように触ってしまう人も少なくありません。

手で触りすぎるとそこから雑菌が入りますし、無理やり剥がそうとすると治そうと治癒をしかけている皮膚に負担をかけます。

そうなると治りが遅くなるばかりか、またニキビが出来てしまう原因となりますし、治ったと思っても跡に残ってしまう可能性もあります。

黒ニキビに限らず、ニキビがかさぶたになった時の対処は触らない、剥がさないのが鉄則です。

見えているとどうしても気になってしまうという時には絆創膏などを貼る事も出来ますが、その場合はこまめに取り替えるなどしないといけません。

気になってしまうのは誰もが同じですから、かさぶたの状態になれば後もう少しなのでゆっくりと「様子を見て回復」させていきましょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ