黒ニキビ ピーリング

黒ニキビの炎症が治った場合でもニキビ跡が残ってしまうこともあるため、ニキビ跡のケア方法についても知っておきましょう。

ニキビ跡を残したくないという場合、黒ニキビを悪化させることなくしっかり治すことが大切です。

ニキビが跡はニキビの炎症によって引き起こされるものであり、炎症が重いほどニキビ跡になりやすいということです。

ニキビの炎症は毛穴の中でニキビ菌が増殖することで起きてしまうのですが、これは皮脂の過剰な分泌が主な原因となっています。

思春期ニキビには適切な洗顔、大人ニキビには保湿ケアが有効な対策であり、肌の乾燥を防いでニキビの悪化を予防しましょう。

黒ニキビのピーリングについて
ニキビ跡を改善したいという場合、ピーリングを行うというのもおすすめです。

ピーリングは肌表面の古い角質を落とし、ターンオーバーを促すことができるため、赤みや色素沈着によるニキビ跡の改善に効果的です。

また、毛穴に皮脂が詰まっている初期段階のニキビにも効果的ですし、炎症が起きているニキビにも効果があるでしょう。

ニキビ跡は炎症が重いほど治りにくくなるのですが、「初期段階で治しておけば」跡にならずに済みます。

また、ニキビ跡になったとしてもすぐに治すことができるでしょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ