黒ニキビ メラノーマ

白ニキビが出来ている部分の角栓が酸化して黒くなってしまうと、急にほくろが出来たような状態となります。

黒ニキビとメラノーマの見分け方

これは黒ニキビと呼ばれるものですが基本的にはニキビの初期段階ですので、白ニキビ同様に適切なスキンケアを施すことで改善することが出来ます。

しかし、黒ニキビと思っていたら命を脅かす病気のメラノーマだったという可能性も否定できません。

メラノーマは悪性黒色腫という皮膚がんの一種で、通称ほくろのがんともいわれるものです。

ぱっと見ほくろが出来ただけのように見えるため、気が付いた時にはかなり進行していたということも珍しくありません。

黒ニキビもぱっと見はほくろが出来ただけのように見えるものですので、きちんと見分け方を知っておかなければ手遅れになってしまうこともあるのです。

では、黒ニキビとメラノーマはどのように見分ければいいのかというと、まず大切なことは患部の状態です。

一般的に黒ニキビは炎症を伴わない状態のニキビですので、急激に症状が変化するようなことはありません。

ですので、急激に患部が大きくなったり、盛り上がったり、出血が見られたりというような状態であればメラノーマを疑って、「病院できちんとした診察」を受けた方がよいでしょう

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ