黒ニキビ 日焼け止め

鼻などにできてしまう黒ニキビは、紫外線の影響によってできやすい状態になることが分かっています。

そのために日焼け止めを塗ることが重要になりますが、なんでもいいから塗ればいいわけではありません。

黒ニキビができにくい状態にするには日焼け止めを

紫外線をカットする効果が強いものを選ぶとよいですが、日焼け止めには紫外線を吸収するタイプと反射させるタイプがあります。

黒ニキビを防ぐのであれば、「反射するタイプを使う」ことが望ましいです。

吸収してしまうと、肌に悪影響が及ぼす可能性が高くなります。

また、できるだけ肌への負担が少ないものがいいです。

化学成分が多いものになれば、肌の状態が悪化しやすくなるので黒ニキビができやすい状態になるといえます。

しっかりと日焼け止めを選び塗ったとしても、生活習慣が悪ければ肌の状態を良くすることは難しいです。

日焼け止めによる対応も必要ですが、同時に生活そのものを改善していくとよいです。

脂質が多い食事は控えて、夜は早めに寝ることです。

もちろん、ストレスをためないようにすることも肌を改善していくためには必要なことです。

黒ニキビは、目立つものですから早く治したいと考えるのは当たり前ですが、日頃のケアをきちんと行い少しずつ改善していくものです。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ