黒ニキビ 角栓

黒ニキビは角栓と混同してしまう方もいらっしゃいますが、厳密にいうと違った面があります。

黒ニキビと角栓の違い

そもそもニキビとは皮膚の炎症性の疾患のことをさします。

また、角栓とは毛穴部分の剥がれかけた角質のことをいい、皮脂や化粧汚れなどがこの角質に付着して大きくなることで毛穴に栓をしてしまう状態になったものをいいます。

ですので角栓は皮脂詰まりでもあり、さらに皮脂詰まりが硬くなったコメドという症状でもあり、皮脂汚れなどで炎症を起こしているニキビの状態でもあるのです。

それとは違い黒ニキビとは皮脂汚れが酸化して黒くなってしまったニキビのことのみをいいます。

皮脂が毛穴に詰まった時にできる白ニキビ(閉鎖性面ぽう)の状態から毛穴が開き、酸化した皮脂が黒く見えることから「開放性面ぽう」とも呼ばれます。

黒ニキビは皮膚自体の炎症は少ない状態ですが、無理に潰そうとしたり、芯をとろうとすると雑菌によって化膿することもあります。

炎症の度合いによっては跡が残ってしまう場合もありますので注意が必要です。

治療方法としては白ニキビ同様毛穴の詰まりをケアする外用薬などを利用するのがおすすめです。

症状が長引く場合には「皮膚科医に相談」をすると良いでしょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ