m-トラネキサム酸 効果

ニキビ化粧品や化粧水などに含まれる成分「m-トラネキサム酸」の効果はどんなものがあるのか?

について、調べてみました。


トラネキサム酸とは??

トラネキサム酸とは必須アミノ酸であるリシンをベースにして人工的に作られたアミノ酸のことです。

トラネキサム酸は止血剤として利用されることが多く、長い期間に様々な医療薬品として使われてきました。


また、トラネキサム酸には抗炎症作用もあり、その成分の中に、シミや肝班にも効果があるものがあります。

肝班とは、頬骨の上、目じりの下に左右対称にできるシミのことです。

輪郭がはっきりしておらず、ぼんやりと浮き上がってくるのが主な特徴で、30代から40代の方によく現れるこの肝班は、ピル利用者に多いことから、「ホルモンバランスに影響しているのではないか」とされています。


そんな肝班のようなシミに、このトラネキサム酸は改善する効果が高いとされ、内服薬として飲み続けると、肝班のシミが薄くなると言われています。

そして、出血を抑えるため、赤みや腫れを引く作用もあり、プラスミンを抑える働きもある事から、「抗プラスミン薬」という名前でも呼ばれているようです。


そんなトラネキサム酸を外用にするために発明されたのが、このm-トラネキサム酸という物質です。

これは、資生堂が開発した美容成分のようです。


では、m-トラネキサム酸とはいったい何なのでしょうか?

m-トラネキサム酸の「m」とは、「メラニン生成を抑える効果」を表しているものです。

紫外線を浴びることで、表皮にあるメラノサイトでは、黒くなるメラニン色素の生成が増加し、黒色のメラニン色素を過剰に蓄えた基底細胞が、黒化基底細胞になります。

そして、この部分をシミと呼びます。


今までは、黒化基底細胞になると細胞分裂が活発になり、ターンオーバーを遅らせるということがわかっていたのですが、研究の結果で、シミの周りにある黒い部分はターンオーバーが早くなっている事がわかってきています。


シミの周りにある黒化していない基底細胞は、たくさんの細胞分裂をした結果、過剰増殖した細胞が刺激細胞となります。

その刺激細胞が、メラノサイトを刺激、メラニンを増やし続けるといった悪循環になることで、シミの原因になっているのですすが、m-トラネキサム酸は、この刺激細胞からの刺激因子を抑える効果があります。


m-トラネキサム酸の副作用は、特に見受けられません。

資生堂と言えば、日本のみなさんがよく知るところですし、そこで開発されたものですと、安心して使うこともできますし、「ニキビやシミ、肝班に悩まれている方には、このm-トラネキサム酸を使った治療を試みてみるのも良いのかな」と言う印象です。

もちろん、副作用などは今のところ報告されていないですし、まだ試した事が無い方は、一度試してみて下さいね。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ