uゾーンのニキビ

こめかみや顎などuゾーンのニキビは、大人ニキビとも言われ20代以降にできることが多いです。

思春期を過ぎると男性ホルモンや女性ホルモンの分泌量が一定になります。

男性ホルモンが増えすぎて皮脂が過剰になることがないため、ニキビが減ります。

しかし大人になるとストレスが溜まる機会が増え、生活習慣も不規則になるなどでホルモンバランスが乱れやすくなる人もいます。

uゾーンのニキビの原因と対策

ホルモンバランスが乱れることで、肌のバリア機能も低下して乾燥を引き起こすと、元々皮脂の分泌量が少ないuゾーンに肌荒れが生じます。

uゾーンのニキビは一般的に冬に増えます。夏は紫外線から肌を守るために角質層が厚くなりますが、湿度の低い冬になると厚くなった角質が乾燥してニキビになります。

大人になると肌のターンオーバーも不安定になりやすいため、一度uゾーンのニキビを作ると跡が残ったり繰り返しニキビができたりします。

uゾーンにニキビができた時は「乾燥に気を付けます」。

保湿力の高い化粧品を使い、紫外線にはできるだけ当たらないようにします。

また毎日6時間~8時間睡眠をとり、成長ホルモンが多くなる夜10時~夜中の2時の間に熟睡できれば、肌が修復されてニキビ跡を改善します。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ